HOME > PROJECT > みやこほっこりエイド > みやこほっこりチャリティーこけし


みやこほっこりチャリティーこけし(第1回応援スポンサー企画)

津軽こけし館と企画経緯

企画内容

実施結果

第1回応援スポンサー企画 参加団体(全9団体・プロジェクト)

NPO法人 三陸情報局

寄付配分10%(応援目標3万円)

支援金の使途:団体運営費・事業費

 

【宮古からメッセージ】

201112月から岩手県沿岸(宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村)の仮設住宅の様子や地域のイベント情報などを届ける「こころ通信」事業を20133月まで行なってきました。そのメンバーで新たにNPO法人を立ち上げ「被災地の今を切り取る」情報発信をしていきます。応援よろしくお願いします。

 

http://sanrikujoho.jimdo.com/

 


NPO法人 くらしのサポーターズ(あすからのくらし相談室・宮古)

寄付配分10%(応援目標3万円)

支援金の使途:取材費(あすからの豊かなくらしづくりプロジェクト)


【宮古からメッセージ】

「一番苦しんだ人が一番明るくなれるように」をモットーに、くらし、お金、困りごと、こころ、生きることなどに関する苦しみに寄り添いながら、問題解決や生活再建の支援を行なっています。「あすからの豊かなくらしづくりプロジェクト」では、震災後のあるべきくらしと地域をつくるため、豊かに生きる知恵と技を古老の記憶と体験に求め、現代と融合し、創出していくことを目指しています。支援金は、地域の古老に聴きとりを実施する取材のために使わせていただきます。ご支援ありがとうございます。


http://yorisoi.jp/mk/

 

田老元気なまちづくりプロジェクト実行委員会(TGMP)

寄付配分10%(応援目標3万円)

支援金の使途:田老保育所へのソーラーライトの設置、団体運営費


仮設住宅の住民らを対象にした情報紙「明日に向かって」の作成や、住民の要望を実現するために、住民同士をつなぐ、住民のできることをつなぐ活動として田老の良さを学ぶ「田老ちいき学」などの講座を行なっています。被災地のスクールゾーンは暗く、子どもたちや地域の方々から灯りの要望が多いことから、“エコ&ライトアップチャレンジ”プロジェクトも行って来ました。今回は、グリーンピア田老の仮設住宅内にある「田老保育所」の入口付近が暗いという声があがり、ソーラーライトの設置が必要です。支援金は、設置のための費用と今後の活動のために使わせていただきます。応援ありがとうございます。


http://tgmp.jp/blog/

 

地域コーディネートセンターみやこ(MRCC)

寄付配分:20%(応援目標6万円)

支援金の使途:ほっこりエイド運営費、文化な発見プロジェクト事業費


【宮古からメッセージ】

被災地区在宅世帯支援など復興支援に取り組んできた「宮古災害復興支援活動チームM.A.D」から名称変更し、まちづくりや中間支援に取り組む団体となりました。ほっこりエイドでは、様々なまちづくりの活動をサポートし、応援スポンサーと共に一緒に取り組んでいきます。「文化な発見プロジェクト」では、「港は文化の出入り口」をヒントに宮古市鍬ヶ崎地区を中心として「ほっこり茶の間」というサロン活動や、「鍬ヶ崎かわらばん」での情報発信などに取り組んでいます。支援金は、こういった宮古の人々をつなげる活動に使わせていただきます。全国のみなさん、応援ありがとうございます。


http://mrcc-web.jimdo.com/

 

ふれあい癒しハンドケアボランティア

寄付配分10%(応援目標3万円)※物資提供

支援金の使途:オイル、遮光瓶、購入にかかる手数料(配送料など)


【宮古からメッセージ】

去年の6月から仮設住宅の被災者・在宅被災者にハンドケアとフットケアをしてきました。ハンドケアやフットケアのニーズが高く、1人のボランティアでは対応できないくらいのニーズがありました。このような状況から、出来る人を増やし、市民によるハンドケア・サークルを立ち上げるお手伝いをしたいと思いました。ノウハウ移転をし、ハンドケアボランティアを50人養成するのが目標です。ノウハウ移転完了後も、養成されたボランティアがハンドケアをツールとして、被災者のケアに留まらず、家族のふれあいに活かすなど、発展的かつ継続的な活動ができるように支援をお願いします。

 

みやこけしプロジェクト

寄付配分:10%(応援目標3万円)

支援金の使途:調査費・取材費

 

【宮古からメッセージ】

応援スポンサーである津軽こけし館と話をする中で、宮古市に伝統こけしのひとつである南部こけしの文化があるということがわかってきました。宮古市にそのこけしはいくつ残っているのか。どういった歴史があるのか。宮古こけしの復活はできるのか。そこから、新たな価値を生み出すことはできないだろうか。津軽こけし館の協力を得ながら、支援金は調査費・取材費に使用します。協力してくださる方、募集中です!

 

(主催:MRCC、協力:津軽こけし館)

みやこシネマリーン(みやこ映画生活協同組合)

寄付配分10%(応援目標3万円)

支援金の使途:上映設備のデジタル化への募金(募金目標額2,000万円)


震災直後から、三陸唯一の映画館であるシネマリーンにできる支援の形として、宮古市をはじめ岩手県沿岸に「映画」を届ける巡回上映会活動を行って来ました。活動の中で、改めてエンタテイメントや文化としての「映画の力」が必要だと感じました。しかし、急速な映画のデジタル化によって、シネマリーン設立以来最大の危機となっております。デジタル上映のみの新作映画を子どもたちに楽しんでもらえるように、上映設備のデジタル化への募金のご協力をお願い申し上げます!


みやこシネマリーン:http://cinemarine.blog45.fc2.com/

デジタル化プロジェクト:http://cinemarine.jimdo.com/

 

 

みやこ田老・鎮魂の祈り実行委員会

寄付配分10%(応援目標3万円)※物資提供

支援金の使途:ろうそく、チャッカマン、購入にかかる手数料(配送料など)


【宮古からメッセージ】

東日本大震災により亡くなられた方々への鎮魂と被災された方々の心身の回復と長寿を願い、20127月に浄土ヶ浜で集会イベントを行いました。今年は、田老地区に場所を移し、5月に開催予定です。みなさんの想いを灯籠の灯火に変えて、一緒に鎮魂の祈りを捧げます。応援ありがとうございます。


昨年のWEBサイト:http://www.jyoudogahama.jp/

 

ゆいとり

寄付配分10%(応援目標3万円)

支援金の使途:事業所立ち上げのための費用(布製品の製造販売)


【宮古からメッセージ】

仮設住宅集会所のサークル活動からスタートし、集会所での販売が出来ないため、勉強会をしながら自宅制作した商品を支援してくださる全国のみなさんに販売してきました。みんなで顔を合わせながらの制作をし、次の生活の励みになるようにするため仮設商店街「たろちゃんハウス」で事業を開始する予定です。支援金は、事業所立ち上げのための費用に使わせていただきます。応援よろしくお願いします。


みやこマーシャル ゆいっこぞうりの小銭入れ/田老ゆいとり

http://youtu.be/SXx8nbEFj9k


NHK総合「あさイチ」で取り上げられました。(2013年04月24日(水)放送)

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2013/04/24/01.html

 

おかげさまで、たくさんのお問い合わせをいただいています。

ありがとうございます。

ひとつひとつ手作りですので、
注文の場合は、しばらくお待たせします。

 

住所:岩手県宮古市田老字向新田148

グリーンピア三陸みやこ仮設店舗A棟2F
電話:090-7323-0557(大棒) ※個人の番号となります。